ULYQUID | システム インストール


トップ トップ | 前 | 次


システム インストール





システム仕様

システムは以下の仕様で稼動するようにテストされています。OS に依存した特定の機能を使用するプラグイン コンポーネントは適切なプラットフォームでテストされています。


ハードウェア

  • コンピュータ / プロセッサ: Pentium 4、2.8GHz
  • メモリ: 1GB システム RAM
  • ハード ディスク: 20GB またはそれ以上
  • 最小解像度: 1280 x 1024、24 ビット カラー
  • サポートされるオペレーション システム: Microsoft Windows XP Professional / Linux
  • ネットワーク速度: 768 KB/s またはそれ以上

ソフトウェア

  • 開発プログラミング言語: PHP 5.2.6
  • データベース: MySQL 5.0.51b
  • サーバ: Apache 2.2.9
  • オペレーション システム (推奨): CentOS 5

仮定

システムは以下の環境下で使用されることが仮定されます。

  • 5 - 20 人のシステム ユーザー
  • 5 - 20 のプロジェクト
  • すべてのクライアント / サーバ データ転送は SSL 接続により保護されている
  • システムはサーバ管理の専門家が構築した安全な環境下で稼動される
  • クライアント / サーバ ネットワーク環境が整っている


システム構造

ULYQUID は /ulyquid/ ディレクトリ以下に 3 つのメイン モジュールで構成されています。安全なアクセスのため、サーバ環境を正しいパーミッションおよび設定で構成する必要があります。太字 で記されたディレクトリは特に制限されたパーミッションを必要とします (例: chmod 666)。

  • 管理モジュール
    • admin
  • コア モジュール
    • authorizer
    • base
    • home
    • lib
    • my_profile
    • templates
    • templates_c
    • data
      • project
      • user
  • プラグイン モジュール
    • plugin



Linux システムにインストール

以下は ULYQUID を Linux にインストールする一つの例です。ディストリビューションには CentOS 5 を使用しています。以下は一部の構成設定だけを記載していることに注意してください。各コンポーネントのセットアップに関しての詳細は、各アプリケーションの公式ドキュメントを参照してください。


インストールおよび更新

最初に、PHP、MySQL、Apache をインストールします。すでに完了している場合は、すべてのソフトウェアを最新のバージョンに更新してください。


# yum install php
# yum install php-mysql
# yum install php-mbstring
# yum install php-soap
# yum install mysql
# yum install httpd
# yum update

# /etc/rc.d/init.d/mysql start
# /etc/rc.d/init.d/httpd start

PHPの設定

PHP の構成ファイルを編集してください (/usr/local/lib/php.ini)。


変更:
extension_dir="/usr/lib/php/modules"
extension=mysql.so
extension=mbstring.so

(他の関連する文字セットを UTF-8 に設定してください)

Apache が再起動されていることを確認してください:
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

Apacheの設定

Apache の構成ファイルを編集してください (/etc/httpd/conf/httpd.conf)。


AddDefaultCharset UTF-8
UserDir disable
# UserDir public_html
# <Directory/home/*/public_html>
# ~
# </Directory>

MySQLの設定

MySQL の構成ファイルを編集してください (/etc/my.cnf)。


追加:
old_passwords=1
default-character-set=utf8
[mysql]
default-character-set=utf8

データベースの作成 / 匿名ユーザーの削除:
(注意: 必要に応じて localhost を IP アドレスに置き換えてください)
# mysql -u root
> set password for root@localhost=password('password');
> delete from mysql.user where user='';
> exit;

# mysql -u root -p
> show database;
> drop database test;

データベースのセットアップ:
> create database ulyss_db
> grant all privileges on ulyss_db.* to root@localhost identified by 'password';
> use ulyss_db;

ULYQUID のインストール

ULYQUID のインストールは簡単です。"ulyquid" フォルダ全体をドキュメント ルート直下にコピーするだけです (例: /var/www/html/)。


システム構成

/ulyquid/base/define.php を開き、OS の定義を編集してください。ULYQUID を Windows システムにインストールした場合、この値は SYSTEM_OS_WIN32 になります。


define("SYSTEM_OS", SYSTEM_OS_UNIX); // Set the OS in which ULYQUID runs

/ulyquid/base/path.php を開き、パスの定義を編集してください。SYSTEM_PHP_EXE は PHP の実行ファイルパスです。SYSTEM_ROOT はシステムのルート パスです。SYSTEM_URL はシステムにアクセスする時に入力する実際のアドレスです。将来的にローカル上で Web サービスをインストールする場合、SYSTEM_WEBSERVICES_ROOT および SYSTEM_WEBSERVICES_URL を編集してください。


define("SYSTEM_PHP_EXE", "/usr/local/php/bin/...");
define("SYSTEM_ROOT", "/var/www/html/");
define("SYSTEM_URL", "https://192.168.200.173/");
define("SYSTEM_WEBSERVICES_ROOT", "/var/www/html/");
define("SYSTEM_WEBSERVICES_URL", "https://192.168.200.173/");

.htaccess の構成

外部リソース アクセスを制限するために .htaccess を編集してください。2 つの .htaccess ファイルを考慮する必要があります: /ulyquid/data/.htaccess および /ulyquid/lib/.htaccess です。


SetEnvIf Referer "^https://192.168.200.173/ulyquid/" ref_ok <-- サーバの IP アドレスに変更してください
order deny,allow
deny from all
allow from env=ref_ok

また、システムの構成によって /ulyquid/.htaccess を変更する必要があります。特にシステムを外部に公開する場合は、ファイルのアップロードに制限値を設定するべきです。デバッグをしていない限り、display_errors をコメント アウトすることが強く推奨されます。


# Set not to display errors in production environment (to avoid path disclosure)
php_flag display_errors off

# Maximum upload size limit settings
php_value upload_max_filesize 100M
php_value post_max_size 100M
php_value max_execution_time 1200
php_value max_input_time 1200
php_value memory_limit 100M

データベースの構成

/ulyquid/base/db.php を編集して正しい MySQL 接続情報を以下のコード箇所で設定してください。


$this->pdo = new PDO("mysql:host=localhost;dbname=ulyss_db", "root", "password");

また、/ulyquid/sql/create_all.sql に定義されたすべての SQL クエリを実行してデータベースにデフォルト テーブルを作成してください。このファイルはインストール完了後に削除してください。